文字サイズ

1児の母・高橋真麻、「親権関係ない」熊田曜子の夫提訴「理解できない」

 フリーアナウンサーの高橋真麻が18日、フジテレビ系「バイキングMORE」に出演し、熊田曜子の夫の暴行罪での裁判について「理解できない」思いを吐露した。

 熊田の夫の裁判は15日に初公判が行われた。熊田側は夫から平手で殴られたと主張するも、夫側は「暴力をふるったことは一切ございません」と無罪を主張している。熊田側は夫の暴力が原因でPTSDと診断されたことも明かしている。11月9日の次回公判には検察側の証人として熊田も出廷する予定となっている。

 熊田は夫の暴行罪での刑事裁判とは別に、離婚協議も行っている。ただ、2つの裁判は別々のものと考えているようで、刑事裁判では「夫に自分の暴行の罪を認めてほしい」と求めており、「親権と今回の裁判は別」という。

 高橋は「わたしなら、親権争いのためには徹底的に戦おうとはおもうんですけど、夫の暴力にいくら悩んでいたとしても刑事責任取らせたいと思って戦うって相当だなって」と熊田の思いの強さに引き気味。さらに、親権とは別という態度を示していることについても「切り離してるから余計…ちょっと理解できないんですよね」と首をかしげるばかりだった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス