文字サイズ

カンテレ 上沼の「えみちゃんねる」枠で関ジャニ横山&見取り図MCの新番組

 関西テレビの改編会見が27日、大阪市の同局で行われ、昨年7月まで上沼恵美子(56)がMCを務める「快傑えみちゃんねる」が25年間放送されていた『金曜午後7時』台で、自社制作のバラエティー番組「ちまたのジョーシキちゃん」が11月5日からスタートすることが発表された。MCは関ジャニ∞の横山裕(40)と見取り図が務める。

 常識ネタ満載の新感覚バラエティー。さまざまなテーマで関西人に「常識」アンケートを行い、再現ドラマ仕立てにし、最も「常識」なものを選ぶ。世代別「常識」も発表する。

 暗幕で隠され、サプライズで登壇した3人。羽牟正一代表取締役社長が番組名とMCを発表する際、顔はめパネルで姿を見せた。

 横山は「長年やっていた『ジャニ勉』が終わって、新番組が始まるというのを同じタイミングぐらいで聞いた。うれしいのと悲しいのが両方来た。長年、『快傑えみちゃんねる』で上沼さんが頑張ってて、すごい関西の皆さまに愛されてた枠だったのでプレッシャーも感じますけど、皆さんに愛していただける番組になればいいなと思います」とコメント。

 見取り図・盛山晋太郎は「率直にすごいうれしかったです。カンテレのレジェンド枠だった番組なので、プレッシャーもあるんですが、はねのけるぐらい頑張りたいのと、いい意味で関西の皆さんの金曜7時の常識になるぐらいの番組になりたいと思います」と話した。

 リリーは「カンテレの正面玄関に大看板があるじゃないですか。この3人で載りたい」と野望を明かし、横山を「くん」呼びしたいとも話した。横山と見取り図は6月で放送終了した同局「関ジャニ∞のジャニ勉」で共演経験がある。

 それぞれの印象については横山が「(見取り図)はものすごい勢いがあって、テレビにすごい出られてて、このタイミングで共演できるのがうれしい」といえば、盛山は「僕らもうれしい。いい意味でのお兄ちゃん感が横山さんから感じられる」と反応。横山は「そう言われるのが変な感じ。貫禄で言うたら負けてる感じ」と首をひねって笑わせた。

 「-えみちゃんねる」は昨年7月24日に突然終了し“騒動”となった。その後、自社制作ではない「鬼滅の刃」「坂上どうぶつ王国」を放送していた。

 上沼は今年7月、番組終了に関し、当時の局側の対応について「失礼」「関西テレビをどちらかというと恨んでる」などと不満を吐露。7月に羽牟社長が上沼に対し「感謝の気持ち」とした上で、「タレントさんの個人的見解の発言について、コメントする立場にない」としていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス