文字サイズ

清原博氏 弁護士の立場捨て?空港の小室圭さんを糾弾「とてもじゃないけど感じ悪い」

 フジテレビ系「バイキングMORE」が27日、秋篠宮家の長女、眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんが日本に向けて早朝に米ニューヨークの空港に姿を見せたことを報じ、この日も集まった報道陣の問いかけには一切答えず、頭を下げただけで空港内に入っていったことに国際弁護士・清原博氏は「とてもじゃないけど感じ悪いです」と断言し、MCの坂上忍を驚かせた。

 番組では小室さんの空港での様子や、日本時間24日、25日に直撃取材を受けた際の変化を紹介。24日には質問する記者の方を全く見なかったが、25日には質問には答えないものの笑顔を見せお辞儀もしていた。

 坂上から「清原さんの立場だとどうなるんだろうね」と聞かれた清原氏は「けさの空港での小室さんの態度を見る限り、ちょっと感じ悪いなと思いましたけどね」と即答し、坂上は「けさもダメ?」とビックリ。

 清原氏は「一般の客と違って、特別の関係者入口とか入るわけ。ということは、もう空港に着いた時から日本は始まってるんですよ。つまり、記者さんもたくさん待っている。いつ来るかわからないから、ずっと長い間待ってるわけですから、やっぱりああいう時には一言『お疲れさまです』とか声を掛けて『これから日本に帰ります』と最低限そこまで言葉を発して対応すべき。会釈だけだと、とてもじゃないけど感じ悪いです、私的には」とダメ出しした。

 坂上が「名言が出ましたよ。空港に行った瞬間に日本は始まっていると。それぐらいの覚悟でいろと清原博は言っているんだと」と冗談交じりに言うと、清原氏は真剣な表情で「そういうことです、はい」と同意。坂上は「オレ、清原さん弁護士だから擁護してくれるのかと思ったら『いやダメです、けさもダメです』って」と、まさかの糾弾に目を丸くしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス