文字サイズ

市村正親 長男が本格デビュー&初親子共演に笑顔 目と鼻が元妻・篠原涼子似

 俳優の市村正親(72)が23日、都内で行われたミュージカル「オリバー!」の歌唱披露イベントに登場した。7月に女優の篠原涼子(48)と離婚後、初の公の場。本作では市村が子供ギャング団の元締めフェイギンを演じ、長男の市村優汰(13)が一味の1人、スネイク役で出演しているとあって、初の親子共演について去り際に問われると、笑顔で左手をサムアップさせた。

 優汰は2018年、市村が座長を務める平成市村座に出演しているが、今回がミュージカル初出演であり、本格的な芸能界デビュー。背も高く、鼻と目が篠原似のようだ。

 英作家ディケンズの小説を原作に、孤児の少年オリバーが家族の愛を見つけるまでを描いた傑作ミュージカルの31年ぶり新演出版。この日も、歌唱披露のパートで親子共演し、4曲目の「ポケットからチョチョイと」をともにパフォーマンスした。

 会見には長男では、オリバー役の子役らと並び「子供たちに後押しされて『市村さんたいしたことないな』と思われないようにお手本になるようなお芝居がしたい。お客様が元気になるような役作りをしていきたいと思います」と意気込みを語った。

 市村と篠原は7月24日に離婚を発表。中学1年の長男・優汰、小学4年の次男(9)の親権は市村が持ち、育てている。

 ミュージカルは東京・渋谷の東急シアターオーブで10月7日~11月7日まで。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス