文字サイズ

感染の野々村真 自宅療養で悪化、重度の肺炎で入院 妻・俊恵「酸素吸入」で絶対安静と

 新型コロナウイルスに感染し、自宅療養していたタレントの野々村真(57)が、症状が悪化し、5日から入院していることが9日、分かった。妻でタレントの野々村俊恵(57)がフジテレビ「バイキングMORE」の取材に明かした。

 8日に取材に応じた模様が9日の同番組内で放送された。

 野々村は7月30日にPCR検査を受け、陽性が判明。38度の発熱、せき、倦怠感の症状があった。同31日に感染を公表。40度近い高熱が出ていたが、自宅療養となっていた。

 俊恵によると、症状が悪化し、入院したのは5日。入院時に検査をしたところ、「肺が真っ白で、『重度の肺炎です』と(言われた)。私達もそこまでひどくなってるとは思ってなかったので」と症状の急激な悪化に驚いたことを明かした。

 入院翌日の6日には、血中酸素飽和度が低下。マスク型の酸素吸入器と心電計をつけなければならなくなったという。

 俊恵は「肺の方、心電図をつけなければいけなくなってしまって。症状があまりよくない感じがしてる。マスク吸入して心電図をつけて、今、ベッドから動けない。トイレとかお風呂とかも一切できない状態。寝てるだけ」と状況を明かし、「緊急の時には(病院が)私の方に連絡をくださるということになっている。それまでは本当に回復するだけを願っている」と不安な表情で話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス