文字サイズ

横内正 80歳で主演舞台シェイクスピア2作品同時公演 共演の比企理恵「誰よりもお元気」

 俳優・横内正(80)が5日、東京・ニッショーホールで主演舞台「King LEAR&MACBETH 2021~シェイクスピア戯曲~」(5~14日まで)の初日公演前の公開舞台稽古に参加し、池上季実子(62)、比企理恵(55)ら共演者と意気込みを語った。

 シェイクスピア四大悲劇の2作品「リア王」と「マクベス」を、同じキャストで同期間にそれぞれ上演。演出も務める横内は「こういう形でやるのは、僕が俳優になってから聞いたことがない。いい企画だなと思っている」と笑みを浮かべた。

 横内は前回の東京五輪が開催された1964年に舞台デビュー。80歳となっても堂々とした存在感を示す姿に、比企が「誰よりも横内さんがお元気だと思う」と感嘆すれば、池上も「リハーサルで必ず四股を踏んでいらっしゃる。私たちも見習わないと」と尊敬のまなざし。横内は「なんせ後期高齢者ですから。まさかこの年でこういう挑戦をするとは思ってなかった」と苦笑しつつ「限られた人生の中で、精いっぱい充実したお芝居を作っていきたいという一念。たぶんギリギリまで芝居と関わりを持っていく人生じゃないかな」と“生涯現役”に意欲満々だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス