文字サイズ

朝日放送、制作中ドラマ出演者6人コロナ陽性に 出演者・スタッフが濃厚接触者認定

 朝日放送テレビは2日、制作中のドラマの出演者6人が、新型コロナウイルスに感染したことを発表した。PCR検査で陽性が確認されたという。同局によると、ドラマは未発表のもので、タイトルやキャストは公表していない。収録は7月24日からスタートし、主に東大阪市がロケ地で放送時期は未定という。

 同局によると、7月29日夜、撮影中に出演者の1人から体調不良の訴えがあり、医療機関でPCR検査を受けたところ陽性と判明。翌30日に出演者3人が医療機関でPCR検査を受けたところ、陽性と判明。さらに、31日に出演者2人が、医療機関でPCR検査を受け、陽性が確認された。

 現在のところ全員軽症で、ホテルや自宅などで療養しているという。また、撮影地の保健所からは、そのほかに出演者やスタッフなど7人が濃厚接触者に認定され、自宅待機中とした。ドラマの撮影は7月29日から中断しており、再開時期は未定という。

 同局は、撮影中は自社で策定するコロナ対策ガイドラインを遵守し、その上でメインキャストはクランクイン前にPCR検査で陰性を確認したという。また、その他の出演者も、初回収録日に抗原検査を実施し、陰性を確認の上で収録に参加していたと明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス