文字サイズ

古市憲寿氏、東京五輪「1秒も見てなかった」発言で永島アナ「ちょっと!」

 社会学者の古市憲寿氏が29日、フジテレビ系「めざまし8」に出演。東京五輪について「1秒も見てなかった」といい、永島優美アナウンサーを驚かせた。

 古市氏はスポーツに興味がないキャラクターで通っているが、そんな古市氏も前日の男子体操個人総合は見ていたという。

 谷原章介から「スポーツに興味の無い古市さんが体操を見ていたと?」と話を振ると、古市氏は「昨日、めざまし8のスタッフから『オリンピック、何見てますか?』って言われて、1秒も見てなかったのであわててテレビをつけたら、たまたま体操がやっていた」と前日までまったく五輪を見ていなかったと告白。

 これを聞いた永島アナは「ちょっと!」「ええ?」と驚きの声を上げた。

 古市氏はたまたまつけたテレビで「体操のつり輪の問い合わせ?この点はどうなのかって議論していて、解説の人も分かって無くて、何かが不認定になったけど何だろうって、すごい混乱していて。結局あれはなんなんですか?」とスタジオにいる田中佑典氏に質問。

 古市氏は「人間、宙ぶらりんが一番のストレス。悪いなら悪いで気持ちを切り替えられるけど、わかんない状態で次っていうのはやりにくい」と、金メダルを取った橋本大輝に同情していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス