文字サイズ

長嶋一茂、父・茂雄氏の聖火リレー登場に「松井君には本当に頭が下がる」

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂が26日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」で、父の長嶋茂雄氏の東京五輪開会式での聖火ランナーについて「松井君には本当に頭が下がる」と、松井秀喜氏に感謝を伝えた。

 番組では冒頭、23日の開会式について触れた。斎藤ちはるアナの代打として出演している山本雪乃アナは開会式を取材したといい、「日本の選手団が入場したときは、ついワーッと言ってしまった。本当に興奮した」と現場の雰囲気を語った。

 VTRでは長嶋茂雄氏、王貞治氏、松井秀喜氏の3人の聖火リレーのシーンも放送。羽鳥慎一アナは「ここは震えました」と感激を口にすると、一茂は「ONと言えば松井君、昭和のスター。松井君は昭和じゃないけど」とコメントした。

 羽鳥アナは「日本を代表する、まさに適任」と興奮冷めやらぬ口調で言うと、一茂は「そうですね」と言い「結構正直、これ、押しましたよね。このあたり、11時ぐらいだったのに、11時を遥かに超えて、NHKも気象情報飛ばしてましたから」とも語った。

 会場で聖火リレーを見た山本アナは「ちょっとシーンとなって、見入る感じだった」と会場の雰囲気を伝えると、一茂は「松井君には本当に頭が下がる。このために帰ってきてくれてるわけですから」と、松井氏に感謝を伝えていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス