文字サイズ

酒井法子 朗読劇で昭和の大スター・越路吹雪さん役

 女優の酒井法子(50)が、朗読劇「ラストダンスは私に」(8月27日~9月2日=東京・ニッショーホール)で、宝塚歌劇団の元トップスターで昭和を代表する歌手の越路吹雪さんを演じることが27日、分かった。

 越路さんのマネジャーで、作詞家、翻訳家として活躍した岩谷時子さんの生涯を描く物語で、宝塚元トップスターの凰稀かなめ(38)が主演。キャスト陣は朗読だけでなく、岩谷さんが手掛けたヒット曲の歌声も披露する。越路さん役は酒井の他に、宝塚出身の貴城けい(47)、真琴つばさ(56)に、友近(47)の4人が日替わりで演じる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス