文字サイズ

田崎史郎氏、五輪酒類販売「検討してもいけない?」 出演者から猛反論浴びる

 政治評論家の田崎史郎氏が23日、TBS系「ひるおび!」で、五輪会場で酒類販売が一時的に検討されていたことに「検討してもいけないんですかね?」と発言。他の出演者から猛反論を浴びた。

 番組では、この日正式に五輪会場での酒類販売が見送られたニュースを取り上げた。22日の時点では、酒類販売が認められる方向と報じられていたことから、政治アナリストの伊藤惇夫氏は「どう考えても理解ができない。一時的であるにせよ、検討したのが事実ならば、どういう発想からこういうのが出てくるんだろうと」と首を傾げた。

 そして現在の五輪の商業主義を上げ「スポンサーを大事にしないといけない、逆に言うとスポンサーを獲得しないといけない。そういう心理が背景にあって『検討』というとんでもないことが組織委員会の中で行われていたんだとすれば、オリンピック関係者の中に、オリンピックは特別という意識が強すぎるんじゃないのか。世間一般の意識とどんどん乖離していると感じる」とも語った。

 一方、田崎氏は、今回の情報の出し方には疑問を呈したが「お酒を出すかどうかの検討をしている。お酒を出すと決めたわけではない」「検討してもいけないんですかね?考えても(いけない)?」と言うと、恵俊彰はびっくりした表情で「いけないと思いますよ。今は、お客さんを入れるのもやめときましょうよという声が多い。そこへきて1万人お酒飲んでいいって、何でもありの大パーティーになる」と訴え。

 これに田崎氏は「そうですか…」と力なく返答。1万人全員が飲酒するわけではないとも訴えたが、伊藤聡子氏も「なしでしょう」「検討もビックリ」と言うと、デーモン閣下も「我が輩も伊藤惇夫さんに1票。検討しているという報道が流れた段階で思わず『何言ってんだ?このバカ』と口に出して言っちゃった」と誰も田崎氏に賛同していなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス