文字サイズ

日テレ上重聡アナを「獲得して」とヤクルトファン「有吉反省会」で昨季引退の選手を完封

上重聡アナウンサー
上重聡アナのインスタグラム@satoshi18kamishigeより
2枚

 日本テレビの上重聡アナウンサー(41)が19日放送の同局系「有吉反省会」に出演。昨季までプロ野球・ヤクルトスワローズに在籍した田代将太郎さんと対戦し、見事な投球で抑えた。ツイッター上には、上重獲得を願うヤクルトファンも登場した。

 田代さんは俊足好打で活躍したが昨秋、SNSでファンに球団から戦力外通告されたことを報告した40分後に、YouTubeでゲーム実況配信する告知。3時間後には実際に配信でゲームに興じた。

 この日の「-反省会」では、この早すぎる配信を反省しに登場。禊(みそぎ)に、上重アナと元ヤクルトエースのギャオス内藤さんとそれぞれ3打席勝負し、ホームランを打てなければ1カ月ゲーム禁止という挑戦にのぞんだ。

 上重アナといえば、名門PL学園のエースとして、1998年春夏の甲子園で松坂大輔投手率いる横浜高校と対戦。特に夏の大会では準々決勝で延長17回を戦い、7-9で惜敗した。その後、進学した立教大では、東京六大学2年秋の東大戦で完全試合を達成した。

 禊では、2週間前から肩を作ってきたという上重アナは「3三振を狙います」と自信満々。大きく振りかぶる現役時と同じフォームから繰り出す高めの速球で1打席目を空振り三振に仕留めると、2打席目もフォークで見逃し三振を奪取。3打席目もライトフライに打ち取った。

 田代さんは「球速い。対応できなかった」「甲子園に出てるだけあって素晴らしかった。負けました」と負けを認めた。上重アナは更新したインスタグラムでご機嫌なピッチングの写真をアップした。

 上重アナの快投にツイッターでは「まだまだイケるじゃん」「エエ球ほうるわ」と絶賛のコメントが。「上重聡、獲得してくれ」「第7巡選択希望選手 東京ヤクルト 上重 聡 投手 日本テレビ」と獲得を希望するヤクルトファンも現れていた。

 なお、田代さんはギャオス内藤氏相手には、1打席目で本塁打を打ち、ゲーム禁止を回避した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス