文字サイズ

エレキの神様・寺内タケシさん死去 器質化肺炎 18日に容体急変、帰らぬ人に

 エレキブームの仕掛け人となったエレキギターの草分け的存在で、“エレキの神様”と呼ばれたギタリストの寺内タケシ=本名・寺内武=さんが、器質化肺炎のため、18日午後8時37分に亡くなった。82歳。所属レコード会社が発表した。関係者への取材によると、18日午後に容体が急変し、帰らぬ人となった。

 寺内さんは今春、誤嚥性肺炎で入院。順調に回復し、リハビリ病院に転院していた。しかし、18日午後に容体が急変。18日夜、横浜市内の病院で息を引き取った。

 茨城県土浦市出身。葬儀告別式は近親者のみで執り行う。喪主は長男の寺内章(てらうち・あきら)さん。後日、お別れ会を予定している。

 寺内さんは5歳でギターを初め、9歳で電話のコイルを並べたピックアップでエレキギターを製作したとされる。

 関東学院大学在学中にプロ活動を開始。1952年、「寺内武とブルージーンズ」を結成し、エレキブームの仕掛け人となった。

 加山雄三主演の「エレキの若大将」などにも出演したエレキギターの草分け的存在。レパートリーはクラシックから民謡まで幅広く、世界中のエレキファンから、日本を代表する“エレキの神様”と敬愛された。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス