文字サイズ

清原氏「足跡は消せないんで」 リトル時代対戦の岡田圭右、決断聞き「刺さる。たまらない」

 元プロ野球選手の清原和博氏が15日、TBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」に出演。14日に司会の石井亮次アナウンサーと一緒に「ベスト・ファーザー賞 in 関西」を受賞し、対談した映像が放送された。

 最近は慶応大野球部で長男の正吾内野手(1年)が公式戦出場し、話題に。野球は小学校以来6年ぶりで、中学はバレー、高校はアメフト部だった息子の挑戦を聞き「自分だったらそういう選択はできないと思うんですけど、彼の挑戦する気持ちを誇らしく思いました」と、うれしそうに語った。「次男もいます。去年の夏に初めてユニホーム姿みたいんです。その時も本当に感動しました」と明かした。

 「自分はうさぎとかめの、うさぎのような人生歩んできたと思うんですけど、一度人生失敗して、これからは地に足をつけて、かめのように。つけた足跡は消せないんで、新しい足跡を一歩一歩つけていって、子供たちに甲子園、プロ野球の素晴らしさとか。自分もしっかりスイングできるように練習して」と自戒と、新たな気持ちを語った。

 番組にゲスト出演した岡田圭右は「ああー」とうなり声をあげ、「私、リトルリーグ時代に清原選手と対決してますから。自分の中でのヒーローは清原和博。ずっと見てきてるんで、いまの一言一言が胸にね、ちょっと刺さりますよ、これはたまらない」と語った。

 石井アナが「リトルリーグで清原さんピッチャー、岡田さんバッター、なぜかスリーバント失敗」と解説すると、「言わなくていいです。それも送りバント、スクイズちゃいます。セーフティーバントの失敗です」と苦笑していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス