文字サイズ

矢部浩之 両親からの度重なる借金依頼を告白、「これが最後」と約束しても

 ナインティナイン矢部浩之が28日、フジテレビ系「人志松本の酒のツマミになる話」(金曜、後9・58)に出演し、両親からの度重なる借金の申し込みにやりきれない思いをしたことを、ときに笑いを交えながら話した。

 矢部は「実家が借金まみれやったんです。その都度『貸して』って」と振り返った。「あまりにも何回も言って」きたそうで、電話をしてくる母親に「おかん、全部言ってくれ。これが最後」と言い含め、大金を出したという。

 数カ月後に母親から電話があり、「浩之、金貸してくれ」とまたもや要求してきた。矢部が「もう、貸さへんと約束した」と告げると、母は父親に電話を代わった。父は「最後や、貸してくれ」。矢部は「無理や。言ったやろ」と却下。すると父は「だれがここまで育てたんや。勘当じゃ!」とキレたという。

 矢部は「大ボケですよね」と笑いながら振り返りながら、売り言葉に買い言葉で「二度と電話してくんな!」と電話を切ったという。1か月後、夜中にドアチャイムが鳴り、モニターを見ると母親だった。母は「来てもうた」。父親の姿もあり、「すまん、金借りに来た」。父は部屋に入って「ほんまに最後」と土下座をした。

 矢部はやむなく受け入れ、自宅近くの高級ホテルに部屋をとった。翌朝、部屋代を支払いに行くと両親はルームサービスを頼んでいたそうで、「こいつら反省してない」と話し、爆笑に。「フィレステーキやで」と付け加え、さらに笑いを広げた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス