文字サイズ

有村昆が降板ラジオ番組に謝罪の手紙 「勝手な行動は非難されて当然」 本仮屋が代読

 女性とのラブホテル密会が報じられ、14日にすべての芸能活動自粛を発表した映画コメンテーターの有村昆(44)が16日、パーソナリティーを務めていたTBSラジオ「地方創生プログラムONE-J」に手紙を寄せ「一部週刊誌で報じられている内容については事実でございます。記事をご覧になりました皆さまには大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません」などと謝罪した。

 有村とともに番組スタートの4月からパーソナリティーを務めてきた本仮屋ユイカ(33)が、番組冒頭に「番組の大事な時間を使って皆さんの日曜日の朝の時間を使ってお伝えすることに対して、きっとさまざまなご意見があるかと思うんですけれども、私はアリコンさんとこの1カ月少しパートナーとして頑張ってきたので、私はパートナーとして本日有村さんから番組宛てにお預かりしたお手紙を代わりに読ませて頂きます」と前置き。

 「このたびは身勝手で不見識な行動で大変お騒がせし、誠に申し訳ございません。先日発売の一部週刊誌で報じられている内容については事実でございます。記事をご覧になりました方には大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません」

 「ONE-Jを聞いて応援して下さっている皆様、番組関係者やスポンサーの皆様、そして一緒に番組をさせていただいております本仮屋ユイカさん、皆様の気持ちを裏切り、がっかりさせてしまいました。本当に申し訳ございません。自身の最低な思考、行動でリスナー及び番組関係者に多大なるご迷惑をお掛けいたしましたこと、今さらながらですが反省しております」

 「またコロナ禍の中、過去に感染経験がある者として十分に注意する立場でありながら、今回の勝手な行動は非難されて当然だと思います。今回、事務所に申し出をして相談した結果、すべての活動を自粛させていただくことになりました。番組が始まったばかりというのに勝手な申し出をいたしましたこと、改めて申し訳ございませんでした 有村昆」と、時折声を詰まらせながら代読。「これを受けまして、有村さんはこの番組を降板することになりました」と説明した。

 有村は14日発売の写真週刊誌「FRIDAY」でスレンダー美女との密会を報じられた。報道によると、有村側が女性にSNSのダイレクトメッセージを送ったとされ、歌舞伎町のケーキバイキング付きラブホテルへ行ったことなどが報じられている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス