文字サイズ

光浦靖子、スタッフに暴言吐かれ手芸ファン激怒 数々の珍呪いリプで励ます

 タレントの光浦靖子が所属する手芸サークル「ブッス!手芸部」の公式ツイッターが12日、更新され、番組スタッフに作品をバカにされたことを告白。これにファンからは、このスタッフにさまざまな“爆笑呪いの言葉”がかけられた。

 ブッス!手芸部は、光浦を部長に、モリマンのモリ夫ら5人が所属。BSの番組のために光浦らは作品を制作したという。するとそのスタッフから「こちら、一般の人にいくらまでなら出せる?と聞いて最高金額500円でしたー!」と言われたといい「スタッフ、大爆笑です」とツイート。

 「バカにした笑いでした。そんな趣旨の番組とは聞かされず、何日もかけて作品を作らされ、、、、」と悔しさをにじませた。

 この投稿に手芸ファンは激怒。「ハンドメイドを甘く見るな!」という声の他「バカにした人たちが食事のたびに前歯に海苔とかゴマとかくっつく呪いをかけておきます」「外歩く度にあらゆる鳥のう○こが降ってくる呪いを発動しときました」「階段に躓いて膝打つ呪いをかける夜」「帰宅して玄関の扉に小指挟まれる呪いもしておきます」「大事な場面で社会の窓全開になればいいと思います」と怒りの中にもユーモアを交えたリプをつけ、光浦らを励ましていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス