文字サイズ

加藤浩次、またも生謝罪 腕時計の日付けが…視聴者指摘に「とんでもない動体視力」

 極楽とんぼの加藤浩次が13日、日本テレビ系「スッキリ」で、思わぬ事を視聴者から指摘され、生謝罪した。加藤は昨年の本番中に、ズボンのファスナーが開いていた“社会の窓事件”で生謝罪している。

 番組中、突如、森圭介アナウンサーが神奈川県の20代女性から12日に届いたメールを読み上げた。そのメールには「余計なお世話かもしれませんが、加藤さんの時計の日にちが11日のままになっているような気がしています」との指摘があった。

 それを受け加藤は、自分の腕時計の日にちを確認。この日は13日だが「12になってます!」と言い「まじで?どうやって見えるの?」と仰天した。

 加藤の腕時計はアナログ式で、3の数字の横に小窓があり、そこに日にちが記されるタイプ。普通の状態では絶対にテレビでは確認できないが、この視聴者は12日の放送で加藤の手元が一瞬大写しになったところを見逃さなかった。

 これに加藤は「一瞬よ?とんでもない動体視力」とびっくりすると、日にちが間違っていたことは事実とし「くぁ~。そこまで…。謝罪か、謝罪になるか」と観念。「老眼が進んでるから小窓の日にちはほぼ見ない」と“弁解”した。

 そして「この度、私の時計が一日ずれてたこと、女性が指摘して下さりありがとうございます。それと共に謝罪申し上げたいと思います。時計のアップを見て11日なのかな?と思った方、いると思いますけど…いるかな?いた場合はずれてて申し訳ない。老眼の進みが早くなっており、日付けの小窓、一切確認しておりませんでした」などと謝罪した。

 だが謝った後「なんじゃ、こりゃ!」「俺の間違い探しになってる」と言い放ち、スタジオも爆笑に包まれていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス