文字サイズ

伊沢拓司 高校生クイズに帰ってくる!史上初個人連覇から10年「この上ない幸せ」

 「高校生クイズ」にスペシャルパーソナリティーとして出演する伊沢拓司
 高校生クイズを2連覇した当時の伊沢
2枚

 今年で41回目を迎える日本テレビ系「高校生クイズ」(放送日未定)に、クイズプレーヤーでタレントの伊沢拓司(26)がスペシャルパーソナリティーとして出演することが9日、分かった。2010、11年の同大会で史上初の個人連覇を達成した伊沢は「この上ない幸せ。『気を引き締めてやるぞ』という気持ちになっています」と意気込み。高校生クイズの歴史に名を刻んだレジェンドが、大会を盛り上げる。

 史上初の個人連覇から10年、唯一無二のレジェンドが帰還する。「帰ってきたな」と吐露した伊沢は「ここで勝つために高校時代をささげてきた。そういう意味では自分が青春を注いだものに、後輩たちを応援させてもらえる立場で戻れたというのは、この上ない幸せですね」と感慨に浸った。

 高校生クイズを自身の「原点」と表現。卒業から現在に至るまで、優勝校予想や「『個人で連覇の人が出ないかな?』ってハラハラしながら見ていました」と注目しており、「毎年夏はソワソワしながらテレビの前にいました」と明かした。深い縁と揺るがぬ愛情。自身にとっても待望の“復帰”であることをうかがわせた。

 “現役時代”は中学3年時から準備を重ねていた。対策については「基本的には学習」としながらも「それを深堀りして自分の中の『なぜ』を解決する経験も大事」とアドバイス。さらに「Aという知識があった時に『この知識は高校生クイズならどう出るのかな』というのを想像していたわけです」と準備の一端を明かした。

 今年のテーマは「ソウゾウして未来を切り拓け」。その“ソウゾウ”を最大限まで高めたことが偉業につながったとし、「そういう癖をつけることが今も昔も対策として重要」と断言した。予選大会へのエントリーは10日からスタート。青春をクイズに注ぐ後輩たちに「まずは楽しむ心づもりだけ持って大会に参加することが大事かなと思いますね」とメッセージを送った。

  ◇  ◇

 伊沢拓司(いざわ・たくし)1994年5月16日生まれ、埼玉県出身。開成中・高、東大経済学部卒。16年に「楽しいから始まる学び」をコンセプトに立ち上げたウェブメディア「QuizKnock」で編集長を務め、登録者数160万人を超えるYouTubeチャンネル「QuizKnock」を企画・出演。19年、株式会社QuizKnockを設立。CEO就任。学校訪問から企業PR支援まで幅広く活動。TBSのクイズ番組「東大王」でも人気。身長170センチ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス