文字サイズ

霜降り粗品、先月の口座残高は「717円」にスタジオ悲鳴 税金「吉本にも借りた」

 お笑いコンビ・霜降り明星の粗品が6日、日本テレビ系「ダウンタウンDX」で、衝撃の貯金額を明かし、スタジオを驚かせた。

 この日は「芸能人最強顔面診断」と題し、相貌心理学教授の佐藤ブゾン貴子氏を招いた。相貌心理学とは、フランスではメジャーな心理学で1億人の顔分析データを元に、性格やパーソナリティを顔だけで診断するという学問だという。

 それを元に、粗品の顔も診断されたが、輪郭に対し、口が大きい人は「散在傾向がある」と指摘された。

 これに粗品は納得の表情。ダウンタウンから貯金額を聞かれると「貯金、700円になりました」と、売れっ子芸人とは思えない貯金額を明かし、スタジオは騒然。粗品は「口座も1個しか持ってなくて、先月も717円でした」とコメントした。

 これに峯岸みなみは「将来のことはどう考えてるんですか?」と驚いて質問。粗品は「また給料日に入って…」というものの、松本人志は「(口座にお金を)おいとかんと、税金が…」と心配。粗品は「吉本にも改めて借りました。それも踏まえて700円」と驚きの行動も明かした。

 また、実家の引き出しをひっくり返したところ、「小学校の時につくった違う口座のキャッシュカードが出てきた」といい、ATMに入れてみると1200円の残高が。「小学生のオレの方がお金があった」と言いだし、スタジオを笑わせていた。

 粗品はこれまでも、SNSで競馬などに大金をつぎ込んだことを公表しており、19年7月には競馬で当てた115万5440円を、放火火災で多くの犠牲者を出した京都アニメーションの義援金として振り込んでいることを明かしている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス