文字サイズ

坂上忍「やっぱりな」 “署名偽造事件”で事務局長が関与認め、横粂弁護士「厳罰に」

 フジテレビ系「バイキングMORE」が5日、愛知県・大村秀章知事のリコール運動をめぐる“署名偽造事件”で、これまで偽造への関与を一切否定していたリコール団体の田中孝博事務局長が一転、署名の収集を依頼したと認めたことを伝え、弁護士・横粂勝仁氏は「リコールの根幹をも揺らがせるぐらいなこと。今後への影響も大きいので厳しく処罰すべき」と断言した。

 この“事件”をめぐっては昨年6月にリコールの会が設立され、高須クリニックの高須克弥院長が会長に就任し、名古屋市・河村たかし市長も支援。同年11月に約43万5000筆の署名(リコールに必要な署名は約86万6000筆)を提出したが、今年2月に選挙管理委員会が、署名が偽造された疑いで約36万筆、83%が無効だと判断した。

 2月に高須会長と会見した田中事務局長は「自身に関しては関与していません」と断言。高須会長も「絶対にこんなけちくさいことを僕がやるわけがないです。事務局長を僕は信じます。河村市長が紹介して下さった事務局長を信じないわけがないです!」と信頼感を口にしていた。

 だが、田中事務局長は今月3日のFNNの取材に「署名収集作業は依頼しました。ですけども、アルバイトのことだとか書き写しを細かく指示したことは全くない。『収集も大変なんだ』と話したら、(広告関連会社が)『ウチ収集できますよ』と向こうから言ってきた」などと、署名収集を依頼したことは認めたが、業者からの提案があったからで違法な偽造は指示していないと主張。「書き写した名前の人を訪ねて、実際の署名を求め有効にするつもりだった」とも話したという。

 MCの坂上忍は「(当時から)不正やるにしてもこんなズサンな、すぐにバレるようなやり方、誰が主導したんだって話にはなって、その時から事務局長の名前が挙がってはいた。やっぱりなという印象しかないんですけど」と呆れた表情。

 横粂氏は「リコールの根幹をも揺らがせるぐらいなこと。このようなことが起きると、今後は不成立でも精査されるようになったり、成立してもあの事件があったんだから偽造があったかもしれないと全部精査せよとなるとものすごい混乱が起き、時間もかかる。今後への影響も大きいので厳しく処罰すべき」と解説した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス