文字サイズ

伊藤健太郎 手錠かけられた感触「冷たかった。重かった。夢なら醒めてくれ」Nキャス告白

 昨年10月28日に都内で乗用車を運転中、バイクに衝突して乗っていた2人を負傷させて立ち去ったとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕(同30日に釈放)され、今年3月に不起訴処分となった俳優・伊藤健太郎(23)が1日、TBS「新・情報7daysニュースキャスター」の取材に答えた。

 前日4月30日に同番組の取材に応じた内容が放送された。テレビでこの問題を語るのは初めて。

 伊藤は、事故後の自身の行動を、ただちに車を停車すべきだったと後悔。「一番最初に頭に浮かんだ判断は、1周して左折を繰り返してその場に戻ろうというのに必死だったというか。逃げてる認識はなかったので」と語った。

 事故翌日朝に原宿署から連絡があり、事務所社長とともに出頭した。「実況見分でずっと立ち会って下さってた警察の方が、僕に対して逮捕状出てますと、紙を読み上げられてたんですけど、そのときに、『あっ、俺ひき逃げになってるんだ、これ』って思いました」と振り返った。

 出頭してから手錠をかけられるまで1分もかからなかったという、とのナレーションが入り、伊藤は「手錠はまた、別の方がいらっしゃって。これって自分につけられるものなのかなというか、ほんとに一瞬だったんで、全てが。気付いたら手錠を付けられてという感じではありました」と語った。

 手錠をかけられた時を「冷たかったですね、ひんやりとしてました。あとは重かったですね。夢なら早くさめてくれってずっと思ってましたね」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス