文字サイズ

NHKBS1で今秋放送予定ドラマ「命のバトン」 妊娠に戸惑う女子高生役に鈴木梨央

 NHK名古屋放送局は26日、今秋BS1でドキュメンタリードラマ「命のバトン」を放送すると発表した。

 愛知県の児童相談所が全国に先駆けて30年以上前から取り組んできた「愛知方式」と呼ばれる「赤ちゃん縁組(新生児特別養子縁組)」をテーマに、予期せぬ妊娠に直面した1人の女子高生が、児童相談所の職員などさまざまな人たちとの出会いを通して、悩み抜いた末に赤ちゃん縁組を選ぶまでの心の変遷を描くドラマ。本物の養子縁組家族のかけがえのない瞬間を捉えたドキュメント映像を組み合わせ、命の尊さと多様な家族の形を伝える。

 妊娠に戸惑う、主演の女子高生を鈴木梨央、児童相談所の児童福祉司を倉科カナが演じる。鈴木は「私たちの命は1人だけでなく、たくさんの人たちの愛によって育まれているんだと、深く感じました。この番組を見て下さった方が、助けられる命についてや、いろいろな人たちとのつながりを、そしてその奇跡を考えたり、感じたりしていただけたら嬉しいです」と呼びかけた。

 倉科も「私は児童相談所に勤める千春を演じさせていただきますが、当事者の方が思い詰めてしまったとき、母子ともに色んな選択肢があるという事を知りました。だから、児童相談所の方に気負うことなく相談して欲しい。少しでもこの作品を通して、救われる命がありますように」と、まずは児童相談所を頼るよう訴えた。

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス