文字サイズ

市川海老蔵 勸玄と「実盛物語」…34年ぶり成田屋親子共演 麻央さんとの思い出も

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(43)が22日、都内で「海老蔵歌舞伎」(5月29、30日、東京・明治座、6月4~13日、京都・南座)の記者懇親会に出席した。長男・堀越勸玄(8)と出演する「実盛物語」では、同演目で34年ぶりの成田屋親子共演が実現。愛息は京都・南座には初出演で、17年に死去した妻・小林麻央さんとの京都の思い出も明かした。

 親から子へ、脈々と受け継がれていく作品に感慨をにじませた。「実盛物語」で海老蔵は斎藤実盛、勸玄が太郎吉を演じる。成田屋親子の共演は、自身と父・十二代目市川團十郎さん以来34年ぶり。「私も父と一緒にやっていて思い出深い役。子どもにとっても大役でありながら思い出に残るような作品を、彼と体現できることが非常にうれしい」と喜んだ。

 京都は歌舞伎の発祥地。勸玄の南座出演は初となる。海老蔵は「まずは舞妓(まいこ)さんとか芸妓(げいこ)さんとかとあまり色事をしないように教育しようかな」とジョークで笑いを誘った。

 京都は、自身も11、12歳の頃に父の南座での舞台を見て「感動して泣いた。私の父との間での継承というか、何かがガッと来た」という思い出の地。「出雲阿国という人が歌舞伎の元だと言われていますから、せがれとは鴨川を一緒に歩きたいな。鴨川には阿国の銅像があって、そういう話をしたい」と歴史を伝えることも心待ちにした。

 さらには、17年に死去した妻・小林麻央さんとの思い出にも言及。「せがれのお母さんとは京都で、自転車でよく走っていたので。そこをせがれと一緒に自転車で鴨川沿いを走りたいな」と思いを巡らせた。

 また、話題の音声SNS「Clubhouse」を活用して制作した新作歌舞伎舞踊「KABUKU」も上演。斬新な発想も生まれたといい「多くの人が聞いている、いい緊張感の中でみんなで作っているということが、物事の刺激としてよいと感じています」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス