文字サイズ

堀江貴文氏、緊急事態宣言視野の小池知事に苦言「政府と自治体の責任の押し付け合い」

 実業家の堀江貴文氏が19日、自身のツイッターに新規投稿。東京都の小池百合子知事が都内の新型コロナウイルス感染状況について「先手の対応が不可欠」として「緊急事態宣言の要請も視野に」と明言したことを受け、「法律の不備、政府と自治体の責任の押し付け合いが緊急事態宣言の本質」と指摘した。

 小池知事は18日に「緊急事態宣言の要請も視野に入れ、スピード感を持って検討するよう職員に指示した」と報道陣の取材に答えた。これに対し、堀江氏は「医療リソースを確保できない法律の不備と政府と自治体の責任の押し付け合いを全て飲食や観光業界に押し付けるのが『緊急事態宣言』の本質やろ」と苦言を呈した。

 さらに、自身の投稿に対して「飲食や観光を制約するのがなぜ責任転嫁になるか」と問うリプを受け、堀江氏は「欧米より一桁二桁低い感染者数で医療崩壊危機を回避するために制限を強化しようとするのは、明らかに政府や行政の医療リソース確保策が失敗してるからでしょ?」と持論を展開した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス