文字サイズ

玉川徹氏 元婚約者の行動を問題視「人間として、男としてこんなことない」

 テレビ朝日の玉川徹氏が13日、同局系「羽鳥慎一モーニングショー」で秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんの母親との間に“金銭トラブル”が起きている元婚約者の行動を問題視した。

 番組では、28ページにわたる文書を8日に公表し、これまでの経緯を説明した小室さんが12日に代理人弁護士を通じ、母親の元婚約者に解決金を渡して問題を解決したい意向があると発表したことを伝えた。

 玉川氏は小室さんが公表した文書をすべて読んだといい「今まで国民がどういうふうに理解してたかっていうと、元婚約者側の一方的な主張をずーっとメディアが増幅して、それに基づいて国民のイメージっていうのができあがってるわけですね。これはやっぱりアンフェアだと思うんですよ、僕ずっと言ってるんだけど」と主張。

 「そもそもが婚約をしている時に支援をしてましたと。元婚約者の方から一方的に婚約を破棄してるわけ。その時に、じゃあ清算はどうしたらいいんですかと女性の方から言ってきた時に、いやいいですよと言ってるっていうのは音声データも残ってるので間違いないわけ。ところが、その11カ月後に手紙をまた送ってきて、『やっぱり貸したもんだから返してくれ』って言ってきたって話でしょう」と、改めて経緯を説明。

 「僕ここまでの時点で、人間としてというか男として、僕だったらこんなことないなと。つまりプライドが多分許さないし、これだけを取り出して聞いたら、誰が聞いたってえーって思う話だと思いますよ。だけどこの話、今出てきた話ですからね。こういう話がない中で、借金を踏み倒された被害者としてのイメージとしてだけでずーっときているわけですから」と一方的な話で形成されてきたイメージだったと強調。

 その後、小室さんの婚約が発表されると、メディアを使ってお金を貸していると主張したことを疑問視。「このやり方っていうのも僕はどうかなと思うんです。これ例えば法的に問えるのかっていったら、借用書もないから法的には勝てないですよね、多分。っていうことでっていう可能性もあるわけでしょ、メディアをある種使ったっていうふうな。こんなことで大ごとになっちゃたら、みんな小室さんに対して悪いイメージ持っちゃうじゃないですか。そのイメージ通りにずーっと国民のイメージっていうのは続いてきた」という。

 「だけど、いわゆるお金を貸したんだっていう根幹部分、これに関してはその後、勘違いでしたというふうにおっしゃってる、この経緯を読むと。そうすると、私は借金を踏み倒された被害者ですっていうふうな根幹が崩れる話になるわけですよ。でも今さらもうそんな話、誰も聞かないわけですよ、イメージがもう固まっちゃったから。これでいいんですか、と僕は逆に問いたい」と、元婚約者のみならず世論に訴えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス