文字サイズ

ギャル曽根 小学生の息子に大食い遺伝 自宅に炊飯器2台

 ルーローハンを試食するギャル曽根=東京・門前仲町
 ステージ上のキッチンで料理するギャル曽根=東京・門前仲町
 2年連続でレシピコンテストの審査員を任されたギャル曽根=東京・門前仲町
3枚

 タレントのギャル曽根(35)が12日、都内で、「タカラ レシピコンテスト2021」の概要発表会に登場した。ステージで調理したルーローハンなどをペロリと平らげて、「小学3年の息子が日記帳に、『給食が足りません。多くしてください』と書いて。増やしてもらったのに、家に帰ってきたら、おにぎり6個食べるんです」と受け継がれた大食いDNAを告白。自宅の炊飯器は、1升(10合)の白米用と5合の炊き込みご飯用があるというが、「心配です。中学になったらどれだけ食べるの!?1・5升でも足りないかも」と愛息の“成長”におびえた。

 みりんや料理酒を使用したレシピが対象のコンテストでは、初開催だった昨年から引き続き審査員を務める。「前回衝撃だったのは、みりんをデザートやナポリタンに使われて。勉強になりましたし、参考にして今では自分のもののように番組で話してます」と応募メニューのアイデアに感心していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス