文字サイズ

橋本愛「青天を衝け」のイチオシは結婚初夜!「オナゴたちが泡吹いて倒れるのでは」

 大河ドラマ「青天を衝け」で主人公・栄一の妻となる尾高千代を演じる橋本愛
 主人公・栄一(吉沢亮)と千代(橋本愛)
2枚

 女優・橋本愛(25)が、NHK大河ドラマ「青天を衝け」(日曜、後8・00)で、主人公・渋沢栄一(吉沢亮=27)の従妹でのちに妻となる千代を好演している。前回21日放送の第6話では、栄一に愛を告白。インタビュー取材に橋本は、幼なじみの喜作(高良健吾=33)との“三角関係”を経て栄一と結ばれる今後の物語について「夫婦になってから少女漫画味が強くなり、女の子がキュンキュンするためにあるんじゃないかっていうシーンが多い」と明かした。

 中でも“イチオシ”は、結婚初夜のシーンだという。「栄一のセリフで『抱いていいか』みたいなセリフがあって、何だこれって(笑)。テレビの前のオナゴたちが泡を吹いて倒れるんじゃないかと。キュンキュン100%」。後ろから抱きしめられるシーンもあり「バックハグに憧れている女の子たちはたまらないと思う」と顔を赤らめ予告した。

 大河は「西郷どん」、「いだてん」に続き3作目。吉沢とは初共演ながら「お互いに人見知りなので安心して現場に入れました」と同じ空気感を共有する。栄一について「ビジネスの才覚がずば抜けていていくらでも稼げる人だけど、他人の幸せを重んじてビジネスと両立させた。人はこうあるべき」と鋭く考察し、夫への揺るぎない愛を貫く千代の思いを代弁した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス