文字サイズ

宝塚歌劇団の顔・轟悠「静かな退団、それが一番私らしい」「自分の心に従う」

 退団会見を行う轟悠(撮影・吉澤敬太)
 笑顔で退団会見を行う轟悠(撮影・吉澤敬太)
2枚

 10月1日付けで退団する宝塚歌劇団の“トップ・オブ・トップ”と称される特別顧問で専科の轟悠(とどろき・ゆう)が18日、大阪市内で会見を開いた。黒いスーツ姿で登場した轟は「35年、夢の世界であり、第2の故郷以上です」と穏やかな様子で語った。

 黒いスーツで登場すると轟は、退団理由を「昨年の9、10月頃私の心の中に『退団しよう』という時がやってきたことに気づいて。突然、ストンと落ちてきたので、自分の心に素直に従おうと。何か理由を結びつけたいけど、それが本当の気持ち」と明かした。

 轟は1997年に雪組トップに就任し、2002年、宝塚の至宝と謳われた故春日野八千代さんの後継として専科入り。その彫刻のような圧倒的美貌と的確な演技で、歌劇団を牽引してきた。「5組あっても宝塚はひとつ。専科に入って自問自答したときもありましたが、残る選択は正解だった。私は幸せな人でした」と振り返った。

 7月に大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(9~15日)、東京芸術劇場プレイハウス(21~29日)で上演される「婆娑羅の玄孫」に主演する。大劇場でサヨナラショーや大階段での挨拶はないが「これも私からお願いしたこと」と轟。「雪組トップでの退団ではないというときから、決心していた」と、轟らしい線引きであったことも明かしていた。「静かに退団させて欲しいと。それが一番私らしい」と笑顔を見せていた。

 また卒業後は「男役だから舞台に立てた。今後女優とかまだ何も考えられない」とかぶりをふった。それでも“お約束”の結婚への質問は「ありがとうございます!お待ちいたしておりました!!」と満面の笑み。「お相手が一般の方なので…」とニヤリ。「と、ここまでは考えてきたんですが…。募集しております」と最後まで涙はなく、笑いを誘っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス