文字サイズ

清原和博氏が入れ墨除去へ 19年に他界の母命日に決意 盟友・佐々木氏とも約束

 プロ野球・西武、巨人、オリックスで活躍した清原和博氏(53)が、入れ墨を除去することが6日、分かった。2019年3月5日に亡くなった母・弘子さん(享年78)の命日に合わせて決意。関係者によると、湘南美容クリニック新宿本院で皮膚へのダメージが抑えられるピコレーザー治療を数回受ける。通院の際には、弘子さんの形見の指輪を付けたネックレスを着用するという。

 盟友である佐々木主浩氏(53)からも、かねて入れ墨除去を説得されていた。清原氏は報道各社への文面で、「自分がタトゥーを入れたのは色々な思いと覚悟があり、その思いは人に言うつもりは今でもないです。今回消すにあたっては自分なりの思い、親友佐々木との約束もあり覚悟して母の命日に消す事を決めました」と説明した。

 清原氏は引退後、左胸や右足に竜の絵柄の墨を入れた。2016年に覚せい剤取締法違反で逮捕される前には、バラエティー番組で「小さい頃からの憧れで」と語っていた。昨年6月に執行猶予を満了。今年2月に学生野球資格を回復し、高校生や大学生を指導する資格を得ている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス