文字サイズ

米山隆一氏、山田広報官辞任に見解「官邸の責任回避」「本人が求めてきた人生?」

 米山隆一元新潟県知事が1日、ツイッターに新規投稿。菅義偉首相の長男正剛氏が勤める放送関連会社「東北新社」から高額の接待を受けていた山田真貴子内閣広報官が2月28日に入院し、この日、辞任が発表されたことを受け、「官邸の責任回避」「無責任」などと批判した。

 米山氏は「官邸が自らの責任を回避するために、本人が辞職(しかも恐らくは『病気』等の本件と関係ない事を理由として)を希望という体裁をとったとしか見えません。何処まで姑息で無責任なのかと思います」と指摘した。

 その上で、同氏は「『全ての責任はこの田中角栄が背負う』と言った矜持は今何処へと思います」と、新潟が生んだ昭和の宰相と比較しながら、令和の菅首相に苦言を呈した。

 さらに、米山氏は連続投稿。「菅総理の事なので、山田氏もほとぼりが冷めたところで天下りをして悠悠自適にはなるのでしょうが、それは本人が求めてきた人生ではないでしょう。『志のない人には、他人の志も理解できない』という事だと思います」と自身の見解をつづった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス