文字サイズ

辻本茂雄“茂造じいさん”「続けたかった」 コロナ対策万全で「三人組の茂造」公演

人気キャラクター「茂造」に扮した辻本茂雄
人気キャラクター「茂造」に扮した辻本茂雄
「三人組の茂造」のポスタービジュアル
3枚

 吉本新喜劇の辻本茂雄(56)が27日、作・演出・主演を務める舞台「よしもと祇園花月 特別公演『三人組の茂造』」(4月27日~5月10日、よしもと祇園花月)の記者会見をオンラインで行った。

 2009年から上演されてきた吉本新喜劇の大人気おじいちゃんキャラ“茂造”の舞台。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になり、今年は13年目で12回目の公演となる。辻本は「このシリーズは続けたかったので、どうやったら続けられるか(考えた)」といい、今まで「35~40人のたくさんのメンバーでやっていた」ところ、今回は21人まで出演者を減らした。稽古もパートごとに分けて三密を避け、劇場も専門家のアドバイスのもと、換気のために扉を全開にして上演するという。

 今回の公演では辻本の人気ネタ「三人組」に、“茂造じいさん”が参加する。辻本は「いつも辻本茂雄がやっているローテーショントークを、茂造がやったらどうなるのか」と見どころを語った。昨年は観客の笑いから元気をもらったといい、「今回はもっともっと面白いのを作ってお客さんに笑って元気になっていただけたら。皆さん、見に来たらど~や!」とファンへメッセージを送った。

 また、なんばグランド花月での「辻本新喜劇公演」(7月26日~8月1日)の開催が決定したことも会見で発表された。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス