文字サイズ

加藤浩次、真っ青髪のジャガー横田長男に「やったな、グレたな」も…発言に感心

 極楽とんぼの加藤浩次が5日、日本テレビ系「スッキリ」で、受験企画に久々に登場したジャガー横田の長男・大維志君(14)の髪の毛が真っ青になっていたことに「やったな、グレたな」と思ったが、番組内での発言を聞き「さらに優秀になってた」とその成長を喜んだ。

 番組では、デンジャラス・ノッチの長女・叶望ちゃんの受験に密着。叶望ちゃんは2年前の大維志くんの受験企画を見て、受験に興味を持ったといい、この日の放送で1日の本命校受験前に、リモートで大維志君と初対面を果たした。

 大維志君は目が覚めるようなブルーヘアで、母のジャガーと一緒に登場。大維志君は、自身の中学受験直前を思い出し「1月ぐらいは本当に心臓ばくばくでした」と振り返り「乗り越えるには、とにかく恐怖心を忘れるくらい勉強する。それしかない」と力強く語った。

 叶望ちゃんは、大維志君へ「家だといい点数を取ったり、リラックスして出来るが、学校に行ってやると緊張していい点数が取れない。どうしたらいいでしょうか」と相談した。

 大維志君は「『オレはいける!』と口に出す。心の中で思うんじゃなくて。オレは勝てるって言い続けると、心も自然とそうなるんで」と、自信が深まる言葉を口に出すことが大切と助言。「とにかくポジティブな言葉を言い続けると、未来が開けるかなと思う」とも呼びかけた。

 受験生の母を経験したジャガーも、叶望ちゃんへ「(両親へ)どんどんわがままを言って、支えてもらって。最後、乗り越えるのは自分だけ。努力しないと後悔が残る。努力すれば後悔は残らない」とエールを送り、ノッチの妻も「泣きそう」と感無量の面持ちだった。

 このVTRを見た加藤浩次は、大維志君の髪の毛の色が真っ青になっていたことに「髪を見て、やったな、グレたなって思った」と笑うも「言葉を聞いたら全然。さらにちゃんと優秀になって…」とその成長ぶりを喜んだ。

 ただ髪の毛はやはり心配だったようで「学校、OKなのかな?こういう髪」と言うも、大丈夫と知り「OKな学校なんだよね、自由な校風」と安心していた。

 大維志君は現在中学2年。高校受験に向けてすでに動き出していることも紹介されていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス