宝塚歌劇団新理事長に木場健之氏

木場健之氏(C)宝塚歌劇団

 宝塚歌劇団は1日、現理事長の小川友次氏(64)が3月31日付で退任し、4月1日付で現宝塚音楽学校の理事副校長の木場健之氏(58)が新理事長に就任すると発表した。 関連ニュース 公一氏の従弟・松岡修造 阪急東宝の御曹司なのに…父から家業継ぐ話ゼロ  木場氏は1986年に阪急電鉄に入社。2005年から宝塚歌劇団月組プロデューサーなどを歴任し、20年からは理事に就任していた。新型コロナウイルス感染拡大で、昨年は宝塚も4カ月の休演を余儀なくされた。それだけに「このような状況のもとで理事長に就任するにあたりましては、宝塚歌劇の発展に尽力された皆様のご苦労を忘れることなく『清く、正しく、美しく』の精神を受け継いで、出演者・スタッフのレベルアップに努め、より良い作品づくりに傾注してまいる所存です」とコメントした。

 退任する小川氏は引き続き梅田芸術劇場取締役会長に就くとともに、株式会社タカラヅカ・ライブ・ネクスト代表取締役社長に就任予定。現-ネクスト代表取締役社長の中西達也氏(58)は4月1日付で宝塚音楽学校校長に就任する。

2021/02/01

関連ニュース