文字サイズ

ハチミツ二郎 スーパーに毎日同じ人が…3日に1回にすればリスク減る…コロナ感染

 お笑いコンビ・東京ダイナマイトのハチミツ二郎(46)が21日、新型コロナウイルスに感染し「危篤状態になっていました」と自身のツイッターとYouTubeチャンネルで報告した。

 ハチミツは12月14日夜に39度を超える発熱の症状が出たためマネジャーに連絡。その後血中の酸素濃度の値が「88」にまで低下したため、主治医から救急車を呼ぶよう勧められ同日中に入院したという。

 ハチミツは18年に急性心不全で倒れたことがあり、当時も肺炎になっていた。入院先では「肩に穴を開けて」人工呼吸器を装着し、集中治療室で8日間意識を失ったという。28日に一般病棟へ移ったあと、複数回のPCR検査で「微量だけど陽性」の状態が続き今月15日に退院。現在は仕事に復帰している。

 ハチミツは、娘の送迎で通りかかるスーパーで「毎日同じ人が来て立ち話している」姿を見かけるとも話した。「見ると1つ2つしか買っていない。3日に1回にすればリスクが1/3になるのに」とし、「あなたが無症状でも、すれ違ったおじいさん、おばあさんを殺すかもしれないと思って欲しい」と強く訴えた。

 ハチミツの感染・入院は所属の吉本興業から公表されていなかった。相方の松田大輔(43)は「(ハチミツ)本人に確認が取れないと『コロナになりました』とは言えない」と説明されたことを明かした。松田は濃厚接触者と認定され、2週間の自宅待機をしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス