文字サイズ

野口健氏、五輪はコロナに打ち勝った証…菅総理演説にも「何をもって勝ち負けなのか」

 登山家の野口健氏が18日、ツイッターを更新。この日開かれた通常国会での菅義偉総理の施政方針演説に触れ、東京五輪・パラリンピックについて「新型コロナウイルスに勝った証しとして」と述べたことに疑問を呈した。

 菅総理はこの日の施政方針演説で東京五輪・パラリンピックについて「人類が新型コロナウイルスに勝った証しとして、また、東日本大震災からの復興を世界に発信する機会としたい」「世界中に希望と勇気をお届けできる大会を実現するとの決意の下、準備を進める」などと語った。

 これに野口氏は「『打ち勝った証に』という表現を繰り返されるが『五輪開催までにコロナに打ち勝てなかった場合は開催しない』と受け止めていいのか」と疑問をつぶやいた。

 また「どの段階で開催の有無について判断を下すのか。何をもって『勝ち負け』なのかを触れずして同じフレーズを繰り返されても心には何も届かない」と厳しい言葉を呈していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス