文字サイズ

豆柴の大群・ミユキがレコ大で倒れるも、メンバー考案の演出「面白い印象を」

 「第62回 日本レコード大賞」の発表が30日、行われ、最優秀新人賞を真田ナオキ(31)が受賞した。Novelbright、豆柴の大群、Rin音とともに受賞した新人賞4組の中から選出された。

 司会の吉岡里帆が真田を発表した瞬間、ステージで豆柴の大群のメンバーのミユキエンジェルが飛び跳ねて、その後倒れて残りのメンバーに抱えられながら退場するという一幕があった。

 視聴者は思わぬハプニングに騒然となったが、関係者はデイリースポーツの取材に「面白い印象を残そうと、本人たちが考えたみたいです」と“演出”だったと明かした。ミユキは舞台裏では問題無く元気にしているという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス