文字サイズ

安倍氏 秘書がやった「説明果たし、信を問う」選挙審判!ネット「世界が注目山口4区」

 来年に行われる次期衆院選に関し、ネット上で「世界が注目山口4区」「日本中の有権者が注目」「益々注目山口4区」との投稿が相次いでいる。安倍晋三前首相が「桜を見る会」前日に後援会が開いた夕食会の費用補填問題に関して、道義的責任はあるが、秘書が行ったものだとする釈明を行った後に、次期衆院選に向け「出馬して国民の信を問いたい」と宣言したことを受けて。

 安倍氏は24日に会見、25日に衆参両院の議院運営委員会に出席し、「私が知らなかった中で行われた」と主張。今年2月に国会で追及を受けた際は「私が総理大臣として答弁することは、全ての発言が責任を伴う」と断言していたが、会見や議運では道義的責任はあるとしながらも「秘書が」「秘書が」を連発し、議員辞職を否定した。

 反発も起こる中、議運終了後には「説明責任を果たすことができたのではないか」「出馬して国民の信を問いたい」と一方的に宣言した。

 安倍氏は「厳しい検察側が捜査を行った結果、聴取を行った結果、今回、問題ないというご判断をいただいたものと思っております」と主張。費用補填について「我が党では自分の選挙のことは全く考えないという状況にならなければ、総裁にはなれない。私も今まで9回選挙を戦ってきたが、毎回地元の皆様が大変頑張っていただいた結果、常に圧倒的な勝利を与えていただいている。利益を供与して票を集めることはつゆも考えていない」と述べた。

 この動きを受け、ネット上にはほかにも「山口4区楽しみ」「次の投票どうする」「日本中の熱い視線が山口4区に注がれています」と注視するコメント投稿が続いている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス