文字サイズ

卒業延期のNMB吉田朱里、女子力動画で回復報告「カゼひいた」「アイドル留年中」

 体調不良のため、11月30日の卒業公演が延期になったNMB48の吉田朱里(24)が4日、YouTubeチャンネル「アカリンの女子力動画」を更新。回復したことを改めて報告した。

 「卒業公演の前々日(28日)の夜ぐらいから体調がおかしくて、すぐにPCR検査をしてもらって、(コロナは)陰性って出たんですけど。本当にただのカゼをひいてしまって」と説明。

 「バタバタ忙しかったのもあって、疲れが出ちゃったのかなって。気抜けんの早すぎなと思ったんですけど。今の(世間の)状況とかも考えて、卒業公演の日はほとんど体調は戻ってたんですけど、大事をとって延期っていう形にしようと。最後きれいに終わりたいし、万全な状態で迎えた方がいいし」と付け加えた。

 「もうしばらくアイドルをさせてもらいます。ただいま『アイドル留年中』です」と自身の現状を言い表した。ミュージックビデオ撮影のときにインフルエンザになるなど、「ここぞというときに体調を崩す」という吉田は、「本当に何やってんの」と自虐気味にコメントした。

 コロナの自粛期間中にも発熱し、PCR検査を受けていたことを打ち明け、「割と体が弱くて、気が抜けるとカゼをひく。ちっちゃいときからすぐ熱を出してた。熱を出すことは日常茶飯事だけど、この時期に体調を崩すと厄介なんで、免疫力を高めないと」と話すと、手作りの肉料理をおいしそうにたいらげた。

 「(今は)めちゃ元気。元気すぎて片付けばっかりしてる」。当初、12月はしっかり休み期間にあて、動画を含めて1月から再始動の予定だったというが、「アイドル延期ということで、ちょこちょこお仕事を入れ直してもらって。動画も再開しようと思って(やった)」と変更したことを明かした。卒業公演の日程は未定という。

 また、10月24日の卒業コンサートでも触れたアイドル人生を振り返った書籍が9日に発売されると発表。卒業記念エッセイ「アイドル10年やってわかった“わたしが主人公”として生き抜く方法」で「アイドルになりたい人に読んで欲しいとかではなくて、いろんなことを書いてて。幼少期、NMBに入る前のこと、NMB初期のこととか、この本にすべて書いてあるんじゃないかなって」とPR。

 「今までの人生とかこれからのこと。この10年で培ったものとか、大人数グループにいるから、ここで生き抜く方法って難しかった。私も山あり谷ありのアイドル人生だったので、そこで気づいたこととか、YouTubeでいろいろ変わったことも。ファンの皆さんに語って来なかったことも書いてるんで、ぜひ見ていただきたい」と力作だとした。

 吉田は、11月29日に「アイドルとしてラスト」として「最強アイドルメイク」をアップし、「次に(動画を)出すときは(アイドルではなく)1人の吉田朱里としての動画になると思います」と話していたが、想定外の事態となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス