文字サイズ

池田エライザ 初監督作品に満足げ…「伝えたい言葉をすてきな形で閉じ込めた」

舞台あいさつを終え手を振る(左から)池田エライザ監督、原日出子、倉悠貴、リリー・フランキー=東京・渋谷シネクイント(撮影・金田祐二)
3枚

 女優の池田エライザ(24)が4日、初監督を務めた映画「夏、至るころ」の初日あいさつを、主演の倉悠貴(20)、原日出子(61)、リリー・フランキー(57)と都内で行った。

 福岡県田川市を舞台にした、高校3年生の夏の青春映画。池田は「伝えたいことはたくさんありますが、映画という媒体で伝えたい言葉を、すてきな形で閉じ込めることができた」と満足げに語った。リリーは「すごく安定感のある的確な監督で、仕上がりを見ても22、23の女の子の撮った映画じゃない。70歳ぐらいのベテランが撮ったみたい」と絶賛。原も「迷いがない。すごく俳優がやりやすい、本当に優秀な映画監督」と同意した。

 倉からは涙を流すシーンの演技指導を感謝された池田だが、リリーが「セットから倉くんが1回出されて、戻って来た時も血だらけだったのはそういう…」とジョークを飛ばすと「してない、してない。そんな映画じゃない」とすかさずツッコミ。息の合ったやりとりで笑いを誘った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス