文字サイズ

鶴瓶、豪華な顔ぶれの口上で「このメンバーの独演会に行って。でも早く」 年齢いじり

 「大阪落語祭」初日口上に出演した桂文珍(左)と笑福亭鶴瓶=大阪松竹座
3枚

 約250人の上方落語家が出演する大阪府文化芸術創出事業「大阪落語祭」が1日、大阪松竹座で初日を迎え、桂文枝(77)、桂文珍(71)、笑福亭鶴瓶(68)ら豪華な顔ぶれが出演。会場はコロナ禍のため通常1090席のところ、532席が用意され完売した。

 口上は桂ざこば(73)らが加わり、計8人で行われた。鶴瓶は不在の落語家に毒を吐きつつ、「(口上の)このメンバーの落語を見たら好きになる。このメンバーの独演会に行ってください。でも早いとこ行かないと…」と平均71歳の年齢をいじって笑わせた。

 文珍は、口上出演者で写真撮影をした際、鶴瓶が「誰が先に死ぬか」と言っていたと暴露。自身は来年から「ワク珍(チン)に改名する」と宣言して笑わせた。

 文枝も鶴瓶の「誰が先に…」発言を取り上げ、「『順番のない順番がやってくる』という言葉がある。たぶん両端(桂米団治、鶴瓶)から順番に。我々(自身と80歳の桂福団治)は最後まで」といい、ニヤリと笑った。

 31日の千秋楽まで、約100公演の上方落語寄席を大阪各地で行う。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス