文字サイズ

たけし、フライデー襲撃事件の真相告白…スパイが楽屋に入り込んでいた

 タレントのビートたけし(70)が10日放送のフジテレビ系「FNS27時間テレビ~にほんのれきし」で、写真週刊誌「FRIDAY」襲撃事件を「俺が好きでやったワケじゃないんだから」と振り返った。

 1986年12月、FRIDAY編集部にたけし軍団11人を引き連れて殴り込んだたけしは「俺が(発行元の)講談社行って、ちょっと話し合いに行ったんだけど、それがいつの間にか大げんかになって殴っちゃうんだけど」と説明。

 事の発端は「FRIDAYのヤツなんだけど、フリーライターっているじゃん。記事だけ売り込む。それが俺に手紙をくれるわけだよね。全然お金がない。だけど私はライターなんで、あなたの取材をさせてくれたらそれを出版社に売って、いくらかになるんで、どうしても。悪口は書きませんからってなって、会ったのよ。かわいそうだから」というものだったという。

 そのライターは「それで取材して、最初のFRIDAYってのは大した記事じゃなかった。それで『今度は現場に行っていいですか?』って言うから『俺の仕事現場?』『そうなんですけど』って。まあそういう仲だからって言って、来るようになった。楽屋にいつもいるの」と、たけしの懐中に潜り込むことにまんまと成功。

 たけしは「その後からFRIDAYの記事がなんか、芸能界のスキャンダルがやたら出るようになったの。『アレアレ?』って。みんなが『変だ変だ』って言ったら。『アイツじゃねえか?スパイやってたのは』って言って、やっぱりそうだった。『そいつはいるか?』って(編集部に)電話したら『来い』って言うから行ったら、実は契約(ライター)でいねえってなっちゃって、ケンカになっちゃった」と、たけし側から見た事件の真相を振り返り、「俺が好きでやったワケじゃないんだから」と強調していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス