文字サイズ

武井壮 地球を守って「スポーツを一生楽しめる場所に」

意見交換を行った(左から)橋本聖子五輪相、武井壮、小泉進次郎環境相=東京・環境省
2枚

 タレントの武井壮(47)が26日、都内の環境省でサステナビリティ広報大使就任イベント「『気候変動×スポーツ』に関する三者会談」に出席し、小泉進次郎環境相(39)、橋本聖子五輪相(56)と意見交換を行った。

 今回は、スポーツと環境問題という観点から選出され「地域循環共生圏」を創造するための環境省の施策について情報発信を行っていく。小泉環境相から「今日から環境省の一員としてよろしくお願いします」とあいさつされた武井は「僕は全部のスポーツでプレーヤーになりたいという夢がある。そのスポーツを一生楽しめる場所にするためにも微力ではあるんですけど、受けさせていただいた。何かできることがあればご協力したい」と意気込んだ。

 現在も競技者として活動する武井は、特に屋外競技について「大きく問題になるのは日常のトレーニング」と意見。「トレーニングは大会期間中よりも厳しい体力の消費が伴う。このままの気候変動が続くとスポーツを目指して活動していく子たちの環境もなくなるし、大会のレベルも落ちる」と今後のスポーツ界への影響を危惧した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス