文字サイズ

三浦翔平 「事故物件」に住んでいた…タクシー運転手の言葉で「全部つながる」

 俳優の三浦翔平が20日、TBS系「爆報!THE フライデー」(金曜、後7・00)に出演し、10年前に「事故物件」に住んでいたことを明かした。

 三浦は「最初は家賃が安いという理由で住んだんです」と告白を始めた。「角部屋だし、広いし、すごい立地が良かったんです。友人が何人か泊まりに来てるときに、皆が『子供の足音が聞こえる』『金縛りに遭う』『廊下で黒い渦のなかから人が出てくる』」などと話したという。

 三浦は「僕だけ何も感じてなかった」とし、ある日、タクシーで家に帰っているときに運転手に自宅を案内すると、「ああ、元病院のところですね」と応じたという。出演者から驚きの声があがった。

 三浦は「それで全部つながった。調べると小児科病院の跡地だったんです」と振り返った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス