文字サイズ

デヴィ夫人が謝罪「言葉と表現が足りず…」 不妊理由は堕胎発言が波紋呼び…

 デヴィ夫人が28日、ブログを更新し、24日に関西テレビで放送された「胸いっぱいサミット!」での不妊に関する発言について「不妊治療に当たっている方々、中絶せざるをえなかった方々等を心ならずも傷づけてしまったり、不快な思いをさせてしまったことは残念であり、大変申し訳なく思っています」(原文ママ)と謝罪した。

 デヴィ夫人は「私はカソリック教徒だったため、中絶によってその方自身、または周りの方々が生涯取り返しのつかない後悔に陥ってほしくないという強い思いからの発言でした」と発言の真意を説明。「言葉と表現が足りず、一方的な発言が先行した結果こうした事態を招いたこととなり、深く反省しております」と謝罪した。

 この発言の影響を受けた仕事関係者やファンにも「深謝申し上げます」と詫び、想像以上の反響、批判を「真摯に受け止めて参ります」ともつづった。

 デヴィ夫人は、番組内で菅義偉首相が掲げる不妊治療の保険適用拡大に話題が及んだ際に、人工中絶の方法の一つである「掻爬」が「不妊の一番の理由」と主張。他の出演者から「堕胎をしていなくても不妊の方はいる」と反論されると、「9割9分はもう堕胎です」と訴えた。デヴィ夫人は、その後、この数字に関しては訂正する意向を示したが、発言は撤回しなかった。

 これにネットなどではデヴィ夫人への批判が殺到するなど波紋を呼んでいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス