文字サイズ

オネエ黒崎は「外のシーンではやっぱりバレる」オーラの凄さ…最終回部下役が明かす

 俳優の廣瀬智紀が28日、ブログを更新。27日に最終回を迎えたTBS系ドラマ「半沢直樹」で、オネエ黒崎の部下兼運転手役で出演しており、黒崎役の片岡愛之助の印象などをつづった。

 廣瀬は最終回で、黒崎がUAE銀行へ乗り込む前の車の運転席に座っており、さらにはUAE銀行で証拠をつかんだ黒崎が「はい、大和田チャン。手に入れたわよ、箕部の隠し口座。データで送っておいたからよろしく、ね!」と言った画面右側の背後に登場している。

 廣瀬は「自分が半沢さんをご視聴いただきありがとうございましたって言ってることが不思議です」とつづると「片岡愛之助さん演じる、黒崎さんの部下兼、運転手を務めさせて頂きました」と報告した。

 作品のファンであることから「どんな方が黒崎さんの部下に配属されていたかももちろん知ってます」といい「なので、撮影前に先輩にも報告し、色々アドバイスもらいましたよ」とセリフはなかったものの、しっかり黒崎の部下を全うした。

 黒崎役の愛之助については「短い間でしたがとても優しく気さくに撮影合間も話していただきました」と気遣いを受けたと感謝し「外でのシーンはやっぱり、黒崎さんがいる、ってバレますよね。黒崎さんオーラ全開でした」と、黒崎オーラのすさまじさを明かした。

 「当たり前かもしれませんが、どんな時も芯がぶれないその様がとてもかっこよかったです。そんな素晴らしい役者さんとご一緒出来たこと、嬉しく思います。とても勉強になりました」と出演できたことに感謝した。

 黒崎の部下役としては、金融庁時代の宮野真守が話題となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス