文字サイズ

三浦春馬さん 五代友厚役で最後の銀幕勇姿 「代表作にしたい」魂の演技

 7月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)が、映画「天外者(てんがらもん)」(12月11日公開)に主演し、幕末から明治初期に活躍した実業家・五代友厚(ごだい・ともあつ)役を演じることが23日、発表された。撮影は昨年10~11月。役作りをする中で商都・大阪の基盤を作り上げた伝説の男にほれ込み、自身の代表作にすべく並々ならぬ熱量で取り組んでいたという。

 突然旅立った春馬さんが銀幕に映る、最後の勇姿が公開された。

 タイトルの「天外者」とは、すさまじい才能の持ち主を表す言葉。2015年度下半期のNHK連続テレビ小説「あさが来た」で俳優のディーン・フジオカ(40)が演じ、劇中で亡くなったあとに“五代様ロス”が続出する大フィーバーを生んだ五代友厚の半生を描くオリジナル作品となる。

 朝ドラ時には、あまりの人気に脚本が変わり、1カ月“延命”したとの逸話が残る日本史上、随一の魅力的な人物。企画誕生から苦節7年での公開で、田中光敏監督は真っ先に五代役として浮かんだのが春馬さんだったと明かす。

 坂本龍馬や伊藤博文らのちの偉人たちと学び、薩摩藩士から政府役人を経て実業家となる五代を、春馬さんは大量の資料を読み込んで役作り。盟友・龍馬役の三浦翔平(32)とはクランクイン前から何度も読み合わせをし、英語セリフも難なくこなすなど情熱を注ぎ込んでいた。昨年に京都撮影所で撮られ、関係者が「春馬さんは『代表作にしたい』と相当な思いで演じていました」と振り返る熱演だったという。

 五代の妻を演じた蓮佛美沙子(29)は「春馬くんは五代友厚そのもので、何より瞳をのぞき込めば、そこに五代の全てが在りました。彼が五代として生きたその時間を、作品を、愛してもらえたらと心から願っています」とコメント。公私ともに親交のあった翔平は「天国で五代さんと一緒に見てくれる事を願います」と祈っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス