文字サイズ

三浦春馬さん自殺 自宅で首つり、遺書残し トップ俳優が…列島に衝撃 

 人気俳優の三浦春馬さんが18日、都内の自宅で首をつった状態で見つかり、搬送先の病院で亡くなった。30歳。茨城県出身。捜査関係者によると、室内からは遺書のようなものが見つかったといい、警視庁は自殺を図ったものとみて調べている。三浦さんは9月スタートのTBS系ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」のメインキャストに起用されており、この日もロケ撮影に参加予定だった。

 衝撃の訃報が列島を駆け巡った。主演として数々のヒット作を世に放ち、待機作も多い三浦さんの突然の死。第一報が伝えられた時間帯には、出演した特別ドラマ「太陽の子」(NHK BS8K)が放送されていた。

 三浦さんは18日朝から都内で撮影に参加予定だったが、現場に現れず、不審に思ったマネジャーが港区内の自宅マンションを訪れたという。午後1時頃、三浦さんがクローゼットの中で首をつっているのを発見し、110番通報。すでに心肺停止しており、搬送先の病院で死亡が確認された。

 部屋にあった日記には、遺書のような記述があったという。警視庁は三浦さんが自殺したとみている。所属事務所「アミューズ」は公式サイトで「弊社所属の三浦春馬が、2020年7月18日に亡くなりました」と報告。「詳細に関しましては、現在確認中」とした。

 三浦さんは今月14日、インスタグラムに最新の投稿。ドラマ「おカネ-」について、「日に日に暑くなって参りましたが、キャスト、スタッフ一同、テレビの前の皆様に9月から、より笑って頂きたく撮影に励んでおります!」と意気込んでいた。

 同作関係者によると、17日にも撮影に参加していたという。現場では落ち込んだり変わった様子はなく、「本当に真面目で明るい人。情熱的に取り組まれていたので、信じられません」と落胆した。

 三浦さんは1997年にNHK連続テレビ小説「あぐり」で子役デビュー。06年のドラマ「14才の母」で、妊娠する中学生の相手役を演じてブレークを果たした。映画「恋空」(07年)、「進撃の巨人」(15年)などに主演。舞台でも活躍し、昨年からは歌手活動にも取り組んでいた。

 SNSには前向きな言葉を並べることが多かった一方で、今年1月、共演者のスキャンダルが報じられた直後には、ツイッターで「明るみになる事が清いのか、明るみにならない事が清いのか…どの業界、職業でも、叩くだけ叩き、本人達の気力を奪っていく」と意味深につづっていた。

 自ら死に至った原因は不明だ。8月には新たな映画撮影を控えるなど、役者業は順調そのものだった。その裏で人知れず悩みを抱えていたのか-。大きな謎を残したまま、トップ俳優が人生の幕を閉じた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス