文字サイズ

斎藤洋介さん死去、69歳 2カ月前に咽頭がん見つかり手術 前日まで仕事の話も

斎藤洋介さん(2017年8月撮影)
2枚

 個性派俳優として活躍していた斎藤洋介(さいとう・ようすけ、本名・斉藤洋介)さんが、19日に咽頭がんのため東京都内の病院で死去した。69歳。名古屋市出身。葬儀は家族葬を行う。約2カ月前に咽頭がんが見つかり、手術を受けていた。

 所属事務所によると、斎藤さんは19日、都内の自宅で夕食を取った後に体調不良を訴えて救急搬送されたが、亡くなったという。2カ月ほど前に咽頭がんが見つかり、切除する手術を受けていた。先週からは術後の再発を防ぐための放射線治療を始めていた。

 事務所関係者は18日に斎藤さんと会い、今後の仕事について話し合っていた。コロナ禍がまだまだ予断を許さない状況ということもあり、年内はゆっくり治療して、来年から仕事を再開しようと話したといい「おととい会ったばかりなので、ちょっと実感がわかないですね」と、戸惑いを隠しきれない様子だった。

 斎藤さんは1951年7月11日生まれ。79年のNHKドラマ「男たちの旅路」で注目を集めると、80年の映画「ヒポクラテスたち」にも出演。その後も多くの作品に出演した。94年のTBS系ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら」では裏表のある体罰教師を演じるなど、幅広い役柄をこなした。

 また、独特のキャラクターを生かして、フジテレビ系「SMAP×SMAP」では準レギュラーとしてコントに登場。11年からはEテレ「大!天才てれびくん」にもレギュラー出演した。昨年3月には、オレオレ詐欺の被害に遭い、100万円をだまし取られたことを告白したことも話題となった。

 今年は4月期のテレビ朝日系ドラマ「特捜9 season3」の第3話に出演。8月21日に公開されたアクション俳優・坂口拓(45)の主演映画「狂武蔵」でも存在感のある演技を見せていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス