文字サイズ

錦織、植草が退所【コメント】錦織「退所」植草「卒業」東山「2人は最高の戦友」

 ジャニーズ事務所は20日、少年隊の錦織一清(55)と植草克秀(54)が今年12月31日をもって、退所すると公式サイトで発表した。今年がデビュー35周年だった。これまでの功績とメンバーの意向を尊重し、「少年隊」は所属グループとしてジャニーズにその名を残すという。退所の2人、そしてジャニーズに残る東山紀之(53)のコメントも発表された。ファン、関係者への感謝の言葉がつづられている。

【錦織一清】

この度、私錦織一清は、所属事務所を退所させて頂く事となりました。

所属タレントの中で、おそらく一番の甘えん坊だった私が、気が付けば43年間という日々が過ぎて、随分甘えすぎていた事に少し恥ずかしさを覚えると同時に、事務所には本当に頭が下がる思いです。

恵まれ過ぎていた環境を飛び出し、これから私は沢山の厳しさを味わっていかなければなりません。そして、それをこれまでのジャニーズ事務所の教えで、跳ね除けて行こうと思います。

【植草克秀】

この度、私 植草克秀は、2020年12月31日をもちましてジャニーズ事務所を卒業致します。

自分自身の人生のほぼすべては、ジャニーズ事務所と共に歩んだ人生でありました。

今年、少年隊デビューから35年の節目にあたり、酸いも甘いも経験した上で、来年2021年1月よりピュアな気持ちで、新たなスタートラインに立ち、挑戦して行きたいという思いから卒業を決意致しました。

【東山紀之】

35年という時間を僕らと共に歩んで下さったファンの皆様、関係各所の皆様、本当にありがとうございます。

皆様のお力添えがあったからこそ、僕らはここまで歩んでくる事が出来ました。

2人とは、別々の道を模索する事となりました。

これまで、親兄弟よりも濃密な35年間を過ごしてきましたし、その中で、誰よりも長い青春時代を2人と過ごせた事を誇りに感じています。切磋琢磨させてくれた2人は最高の戦友だと思っています。

ニシキ!

植草!

これまでの日々を想い、青春時代を振り返りながら、また3人で語り合いましょう。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス